東大院→富士通営業→フリーランスエンジニア

まさブログ

ノマド

やばい!盗まれた!海外で財布を盗まれたらすぐにやるべきこと

2019年10月4日

財布がない!盗られたかも!海外旅行で気分が浮かれてた。。現金だけじゃなくてクレジットカードも入ってる。どうしたらいいの?

このような疑問に答えます。

記事の内容

  • 海外で財布を落としたときにすぐにやるべきこと
  • 海外で財布を盗まれないためにやるべきこと5つ

こんにちは、バンコクでノマド中のまさです(@ryoblog2

今朝ドーミトリーで起きたら、財布が見つかりませんでした。冷や汗が出まくりです。

速攻でクレジットカード会社に電話して、停止の手続きをしました。

今回の経験をもとに、海外で財布を落としたときにすぐにやるべきことと、事前の対策を書きます。ご参考になれば幸いです。

※実際はバックパックの奥底に財布がありました...。

海外ノマド中に財布を盗られた話(実際はカバンの中にあった)

バンコクのラムールスクンビットというドーミトリーに泊まっていました。

朝起きたら財布が見当たりません。

ベットの上に置いていたはずなのに見つからない。

布団の隅々まで見ても、鍵付きロッカーの中を見ても、バックパックの中にもありません。

ドーミトリーのレビューに「ロッカーのカギを閉め忘れて、4万円の盗難にあいました」と書かれていたことを思い出します。

一気に冷や汗が出てきます。

「まじかよ。嘘だろ。俺も財布盗られた」とつぶやきます。

「油断した。何で鍵付きのロッカーの中に入れて寝なかったんだろう。スリって本当にあるんだな」

「そういえば、上のベットで寝ていた外国人のバックパックがもうない。もしかして奴はチェックアウトの日だから、そのまま財布を盗っていったのか?くそー、やられた。セキュリティカードのついてる部屋だから、犯人はあいつしかいない。犯人だとバレるのに盗るなんていい度胸してるじゃないか。。」

「俺は荷物を散らかしたまま部屋の外に出たりしてたから、ドーミトリー初心者だと思われたのか?だから狙われたのかな。。」

「そもそもドーミトリーに泊まったのが間違いだったのかも。個室なら盗られる心配はないし。料金の安さだけ見てたせいでこんなことに。。」

後悔が止まりません。

しかし、バックパックの隠しポケットに入れていたJCBのクレジットカードを見て、少し安堵します。

「よかった。キャッシングは何とかなりそう。一文無しになることはないな」

パスポートも無事です。盗られたのは、クレジットカード3枚と現金、ラビットカード(タイの電子マネーカード)のみです。日本円で3万円ほどです。

「いい勉強代になったよ。ブログネタにもなるし。3万円は盗られたけど、寄付したと考えよう。」

三井住友VISAと楽天に電話して、クレジットカードの停止をします。

名前、生年月日、電話番号、住所を伝えたところ、すぐに停止してくれました。クレジットカードの利用実績を調べてもらいましたが、悪用はされていないとのこと。

一息ついて、着替えをしようとバックパックの中を見ます。

なんと、カバンの奥底に財布がありました。盗られないようにと、昨日自分が財布を奥に入れていました(自分の記憶力の悪さに情けなくなります...)

でも、リアルに恐怖を味わいました。

初めての海外1人旅。頼れる人はいない。英語も流暢には喋れない。クレジットカード会社に電話がつながらなかったどうしよう。不安で頭がいっぱいになりました。

海外で財布を盗まれたらすぐにやるべきこと

まず最初に何を盗られたかを把握する必要があります。

クレジットカード、免許証、保険証、ポイントカード...。とにかく思い出します。

免許証や保険証、ポイントカードなどは日本に帰って再発行すれば済みます。問題はクレジットカードです。

クレジットカード会社へ電話して、利用停止の手続きをする

クレジットカード会社に電話して、すぐに利用停止の手続きを行いましょう。

スリ師がクレジットカードを悪用するまでに、停止する必要があります。

連絡先の調べ方ですが、例えば「楽天カード 紛失」「visaカード 紛失」でググると各会社の連絡先が書かれています。

※楽天カードとAmazonマスターゴールドカードの連絡先は下記をご参考にしてください。

スマホも盗られた場合、ホテルの受付で電話をかけさせてもらいましょう。

Amazon MasterCardゴールドを海外で盗難されたときの連絡先

Amazon MasterCardゴールドを落としたら、三井住友カードの紛失・盗難受付デスクにすぐに電話しましょう。

↓電話番号がこちらに書かれています。

三井住友カード紛失・盗難受付デスク(VJ紛失・盗難受付デスク)(海外)のご案内

例えば、タイのオートコレクトコールナンバーは「001-800-12121212」です。

もしうまく繋がらなかったら、「81-3-6627-4067」に電話します。滞在国・地域の国際電話のオペレーターにつながります。

※最初の81は日本の国番号です。

私は最初タイのコレクトコールナンバーにかけたのですが、なぜか「The number does not exist(電話番号が存在しません)」と言われました。「81-3-6627-4067」にかけたらオペレータにつながりました。

オペレータが電話に出たら「クレジットカードを紛失した」ことを伝えます。

名前、生年月日、登録先の携帯番号と住所を伝えれば、カードをすぐに停止してくれます。また、カードが悪用されていないか、カード利用実績も調べてくれます。

一旦はこれで盗難の対処は完了です。

楽天カードを海外で盗難されたときの連絡先

楽天カードを海外で盗まれた場合は、「81-92-474-9256」に電話します。

※最初の81は日本の国番号です。

↓こちらの楽天のサイトにも記載があります。

カードの紛失・盗難

電話に出たオペレータに、名前、生年月日、どのような状況で紛失したか?を伝えれば、すぐにカードを停止してくれます。

海外で財布を盗られないためにやるべきこと5つ

今回の経験を踏まえ、財布を盗られないための対策を考えました。

分散する

クレジットカードや現金を1つの財布の中に全て入れるのはかなり危険です。

なぜなら財布が盗られたら一文無しになるからです。食べるものも乗り物に乗ることもできなくなります。大使館に保護してもらう以外に手段がありません。(交通費がなくて、大使館に行くこともできないかもしれません)

必ずバックパックの複数の箇所に現金やクレジットカードを分けて入れましょう。

※私の場合、JCBのクレジットカードをバックパックの隠しポケットに入れていたので、なんとか平常心を保てました。このカードも盗られていたかと想像すると、マジで恐怖です。どうしようもなくなってたと思います。

財布のカードを写真で撮っておく。

財布の中にどんなカードを入れたか分かるように、写真を撮っておくことも有効だと感じました。

実際、私が財布をなくした瞬間に「本当に盗られたクレジットカードはこの3枚だけだよな...。他に持ってきたカードはないよな...」とすごく心配になりました。

「もしかしたら、他のクレジットカードも財布に入れてたかも。それが悪用されたらどうしよう」このように、残りの海外旅行中、ずっと心配しながら過ごすことになります。

こうならないためにも、財布のカード類の写真を撮っておいたほうがいいです。

カードと現金は最小限にする

海外旅行に持っていくカード類と現金は必要最小限にしたほうがいいです。

盗られた際のダメージを減らすことができます。

※私は、自動車免許証、PASMO、ゆうちょのキャッシュカードなど不要なカードも持ってきてました。日本に置いておくべきでした。

南京錠をかける

カバンには南京錠をかけておきましょう。

スリ師によっては、カッターでバックパックを開けたりもするようです。しかし、開けにくくなるという意味でも、南京錠はかけておいたほうがいいです。

※私は南京錠を持ってきていたのですが、めんどうに感じて付けていませんでした。今回の事件があってから、すぐに付けました。

他人は全員スリ師と考える

海外旅行に行く際は、他人を全員スリ師と考えたほうがいいかと思います。

ドミトリーの同じ部屋に泊まっている人も、受付のお姉さんも、道歩く人も全てです。

荷物から目を離したら、すぐに盗られる。これぐらい極端に考えたほうが安全です。

【補足】電話する前に本当に盗られたのか確認しよう【キャンセル不可】

クレジットカード会社のオペレータにカード停止の依頼をすると、もう処理は取り戻せません。

私の場合、カバンに財布があるのに気づいて、あわてて電話しました。停止手続き後の20分後だったと思います。「もう停止処理が完了したため、キャンセルができません」とオペレータに言われました。

クレジットカードの停止処理をすると、今度はカードの再発行を行う手間が発生します。

本当に盗られたのかどうか、何回も確認したほうがいいです。(今朝の自分に強く言いたい...)

まとめ

今回、海外で財布が盗まれた場合の対応方法を書きました。

話が逸れますが、盗難防止のためにはそもそもドミトリーには泊まらないほうがいいのかもしれません。

例えば、シャワーを浴びに行く度に財布を持っていくなど、ドミトリーだと常に盗られないように気を張らないといけません。

Twitterもやっているのでぜひフォローお願いします。まさ(@ryoblog2

-ノマド
-

Copyright© まさブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.