東大大学院→富士通営業→フリーランスエンジニア

まさブログ

大学

人見知りでもできるバイト7つを紹介します【経験談】

バイトをやりたいけど、どんなバイトを選べばいいんだろう。人見知りでもできるバイトを知りたいな by 大学生

このような疑問に答えます。

こんにちは、メーカー営業5年目の(@ryoblog2)です。

人見知りの大学生の方、バイト選びに悩んでいませんか?

人見知りだとバイト選びが大変ですよね。

カフェや居酒屋、家庭教師のバイトなどは、どうしても人と話す必要があります。

私は人見知りだったので、バイト選びは「人と話さなくていい」という点を基準に選んでました。

今回、私が大学と大学院で経験した、人見知りでもできるバイト7つを紹介します。

人見知りな大学生の参考になれば幸いです。

※そもそもの話ですが、大学生はバイトをやらないほうが望ましいです。私が経験したバイトは全てやらなくてよかったバイトです。バイトなんて一切やらずに奨学金を借りるべきでした。大学生はバイトをしないで奨学金を借りたほうがいいと、今の私は考えています。

大学生がバイトしないほうがいい理由

人見知りでもできるバイト7つを紹介します【経験談】

私はこれまで以下の7つのバイトをやっていました。

ただ、スキルが身につかず、大して稼げなかったのでいずれもやらないほうがよかったです。

バイト名 時給 感想
警備員 【日勤】800円×8時間=6,400円
【夜勤】1,000円×8時間=8,000円
ただ道に立つだけの仕事。何のスキルも身につかない。やる価値のないバイト。
宅急便仕分け 【夜間】1,250円×8時間=10,000円 大学院の授業料を稼ぐため、羽田クロノゲートで夏の繁忙期に2ヶ月バイト。重たいものを運んで肉体的疲労がたまる。寡黙な人に向いている印象。
パチンコ店員 【日勤】1250円×6時間=7,500円 すぐ感情的になって怒るヤンキー店員が原因で1週間で辞める。高時給だが店員も客層もクズなので、やらないほうがいいバイト。パチンコ球の入った重い箱を持ち上げるのが大変。
棚卸し 夜間に店舗に行って、商品の数をカウントする。夜間バイトで短時間しか働けないので効率悪い。
大学の清掃 【日勤】90分で2,000円 休日の早朝に大学の建物を清掃するバイト。90分のみしか働けないので全然稼げなかった。
申請書の審査 【夜間】1,200円×8時間=9,600円 申請書に不備がないか確認する仕事。週日労働で月19万円稼いでいた。最も楽だったバイト。
新聞配達 【早朝】1,000円×2時間=2,000円 父親に「何かバイトしろ」と言われた始めたバイト。重労働にもかからわず、1日2,000円しか稼げなかった。

順にバイトの経験談を書きます。順不同です。

【新聞配達のバイト】コスパ悪すぎのバイトでした。

大学で仮面浪人を始めた時のことです。

ある日父親から「浪人は認める。家にいてもいい。ただ、その代わりバイトを始めなさい」と言われました。

そこで新聞配達のバイトを渋々始めました。(今考えても、父親がバイトを勧めてきた理由が不明です)

なぜ新聞配達を選んだかというと、働く日数や時間が少なかったからです。

「とりあえずバイトすればいいんだろ?」と思って始めました。

結論から言うと、全くやる価値のなかったバイトでした。

まず第一に、コスパがよくありません。

私は週2日、朝4時から朝6時にかけて200部を自転車に乗って配っていました。

時給は1,000円なので、1日で2,000円の儲けです。

これは少なすぎです。

自宅から新聞配達店への移動時間が15分だったので、その交通時間も考えるとコスパはよくなかったです。

毎月1万6千円程度しかもらえませんでした。給料を期待してバイトを始めたわけではありませんが、さすがに低かったです。

次に、雨の日の新聞配達は大変です。

雨の日は、店舗で新聞を濡れないようにビニールのカバーをかけて出発します。

自転車に乗りながら傘はさせないので、カッパを着ます。

土砂降りの雨の日でも新聞を配らないといけません。

寒さに耐えながらの新聞配達はきつかったです。

また、配達先の家を覚えるのも一苦労でした。

最初の頃はベテランのおばちゃんと一緒に配達します。

これは楽でした。おばちゃんの後ろについて自転車を漕ぐだけだからです。

数回一緒に回った後は1人で地図を見ながら配ります。

ただ、最後に配り終わった時に、どうしても1部、2部余ることがありました。

必死に新聞を入れ忘れた家を思い出します。思い当たる節があれば、その家に再度自転車で向かいます。

どうしても思い出せない時は、配達店の人に申告してました。

真面目な人ほど精神的なプレッシャーを感じるバイトと言えます。(だんだん慣れてくると、地図なしで配れるようになったり、配り忘れがなくなります。)

3つ目に、犬が怖かったです。

ある一軒家に番犬がいました。

家のポストに新聞を入れた瞬間、番犬が「ワン!ワン!ワン!!!」と叫んでくるのです。

ポストに入れる度に100%吠えてきました。

「俺、何も悪いことしてないのにな...」と思いながら、その家を後にしていました。

朝4時30分頃に犬を鳴かせていたので、近所迷惑になっていたはずです。

これまで新聞配達バイトのよくなかった部分を書きました。

ただ、新聞配達のバイトにも良い点が3つありました。

まず、人見知りでも新聞配達はできる点です。

人と会話するのは、新聞配達店に行った時に他の人に「おはようございます」と挨拶するぐらいです。

配達中は誰とも会話する必要もありません。

配り終えてたら、店に戻って自転車を片付けて、帰宅するだけです。

私のような人見知りには負担がありませんでした。

2つ目に、朝日を拝める点です。

朝4時から配り始めるのですが、外は真っ暗です。

配っている途中にだんだんと朝日が登ってきます。

これは格別です。

幸せを感じることができます。

3つ目に早起きできるのもメリットです。

自分が寝坊すると、200軒の住民たちが新聞を読めません。

責任感で確実に朝目覚めることができてました。

新聞配達のバイトをしていなければ、朝3時30分に起きる機会はなかったでしょう。

新聞配達のバイトはコスパ悪すぎ。人見知りでもできるバイトだがおすすめはできない。

【申請書の審査バイト】暇でしたが月19万円もらえてました。

大学院2年次の冬に請求書の審査のバイトを3ヶ月やりました。

仕事内容は「請求書に記入ミスがないかチェックする」というものでした。

夜9時から朝6時ぐらいまでの深夜のバイトです。

深夜バイトなので時給が割増(1.25倍)になっていたのはよかったです。

週5日勤務で月19万円稼いでました。

ただ、暇なバイトでした。

申請書が来ない時は、やることがありません。

ただ、席に座ってじっと待ちます。

寝たり雑談したりすると注意されます。

何もしないで席に座るのは結構きつかったです。

暇な時は妄想したり、ぼーっとしてなんとか過ごしていました。

デメリットは、大学院の授業との両立がきつかったことです。

朝方に帰宅して、2時間寝て大学院の講義に出て...。

なんてことをしてました。

(バイトを始めた時には卒業に必要な単位は取得していたので、必ずしも出席は必要なかったですが)

内容:請求書に不備がないか確認
特徴:オフィス仕事。ずっと座って作業できるので楽
期間:3ヶ月間(週5日・夜勤)
給料:【夜間】1,200円×8時間=9,600円/日
バイトを始めた理由:大学院の授業料と遊ぶ金を稼ぐため
人間関係:頭脳系の仕事のため、柄の悪い人がいない。
やりがい:なし
時間の融通:効かない
必要スキル:なし

【警備員バイト】工事現場に行って、ひたすら立ち続ける仕事です。

警備員バイトっていつも募集していますよね。

ただ、大学生はやってはいけないバイトです。

誰でもできる仕事なので給料が安いですし、何のスキルも身につかないからです。

あと、工事現場で警備する時は仮設のトイレを使います。

この仮設トイレがやばいぐらいに汚かったです。

土木作業員のおじさんたちの使い方がひどかったです。

もし警備員のバイトをするなら、トイレに行かなくて済むように水分を取らない、屋内の警備バイトを選ぶ、などしたほうがいいです。

内容:工事現場での警備と交通整理
特徴:ずっと立ち続けるので足が痛くなる。冬の夜間は寒すぎて凍る。フリーターや高齢者が多く、底辺の職場環境。
期間:3ヶ月
給料:安い!【日勤】800円×8時間=6,400円 【夜勤】1,000円×8時間=8,000円
始めた理由:大学浪人中に親から「何かバイトをしろ」と言われたため
人間関係:人と話さなくていいので人見知りには楽
やりがい:なし
時間の融通:柔軟に決めれる
必要スキル:なし。外に立ち続ける仕事なので、寒暖に強い必要あり。
その他:スキルは身につかない

【パチンコ店員のバイト】柄の悪い店員、客に囲まれて仕事をする

パチンコ店員のバイトも大学生はやらないほうがいいです。

高時給に目が眩むかもしれませんが、「ハードワーク」かつ「スタッフと客がクズ」という職場環境です。

内容:パチンコ店で清掃、玉運び、ドル箱の交換
特徴:騒々しい店内で走り回る。重たいドル箱を持たなければいけない。
バイト期間:8日間
給料:【日勤】1250円×6時間=7,500円
始めた理由:小遣いを稼ぐため
人間関係:ヤンキー店員が2人いて、きつく当たられた。
やりがい:なし
時間の融通:効きやすい
必要スキル:特になし

【棚卸しバイト】商品をひたすら数える仕事です。

夜間にホームセンターなどの店舗に行って、在庫をカウントする仕事です。

大学生にはおすすめできない仕事です。

商品を何百個数えても何のスキルにならないですし、勤務時間も短いので稼ぐことができません。

【宅急便の仕分けバイト】重い荷物を持つのがきつかったです。

大学院の1年時の夏にやったバイトです。

力仕事ですが人と喋る必要がないので、人見知りな方におすすめです。

バイト内容:宅急便の荷物の仕分け作業。カゴ台車の搬送。
特徴:力仕事。(メール便の仕分けは楽そうだった)
バイト期間:夏の2ヶ月間(週4日・夜勤)
給料:1,250円×8時間=10,000円
バイトを始めた理由:大学院の授業を短期間で稼ぐため。
人間関係:人見知りな人に向いている。女性は1〜2割。
やりがい:なし。ひたすら荷物に書かれた番号を見て、所定のカゴ台車に入れるだけ。
時間の融通:ヤマト運輸の仕分けバイトは柔軟に決めれます。
必要スキル:ゴルフバックが運べる程度の筋力があればいい。日本語が上手く使えない外国人(アジア系)でも勤務可。
その他:スキルは全く身につかない。ただの肉体労働のバイト。

【大学の清掃バイト】楽でしたが、全然稼げませんでした。

大学の建物の清掃です。

高時給であっても、勤務時間が短いと稼げません。

バイト先までの移動時間、服を着替える時間などを含めると割に合いません。

まとめ

今回、私が大学生、大学院生の頃に経験した、人見知りでもできるバイト7つを紹介しました。

Twitterもやっているのでフォローお願いします!(@ryoblog2

-大学

Copyright© まさブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.