東大院→富士通営業→フリーランスエンジニア

まさブログ

映画

映画「ツレがうつになりまして」を観ました。

2019年5月12日

こんにちは、まさです(@ryoblog2

今日、映画の「ツレがうつになりまして」を観ました。

元彼女から「コメディ映画だよ」と言われていたのですが、全然違いました(笑)

これは、うつ病になったツレ(堺雅人)が妻の晴子(宮﨑あおい)と一緒に鬱を治していく物語です。

私は仕事がイヤすぎて日曜夜に軽い鬱になるのですが、その分ツレに共感できました。

このストレス社会では鬱にかかる可能性は誰でもあります。

特に几帳面で神経質な人は鬱になりやすいです。

自分が鬱にならなくても、妻や子供が鬱になる可能性があります。

「もし、家族が鬱になったらどうしよう?」

そう考えながら見ると得るものが多いです。

特にサラリーマン男性の方は一度映画を見てみてください。

「ツレがうつになりまして」のあらすじ

「ツレ」という名前で呼ばれる夫はコールセンター業務をしています。

クレーマーからの電話に日々神経をすり減らしながら働いていました。

しかし、ある日うつ病を発症し退職に至りました。

妻であり漫画家の晴子(宮崎あおい)はツレを賢明に支えます。

料理に気を配ったり、励ましたり、献身的な姿勢でツレと生活します。

うつ病の記録を本として出版したところ大ヒットします。

講演会に呼ばれたツレは、自身のうつ病との向き合い方についてスピーチします。

最後の質疑応答で手を挙げた男性がいました。その男性は実はあの人でした...

印象に残った場面

鬱の人は神経質すぎる。几帳面

ツレは几帳面すぎる性格をしています。

例えば、以下が例です。

  • 曜日毎にネクタイの色が決まっている(月曜は白色など)
  • 退職届を手書きで書く時に、文字の位置を極端に気にする
  • 何でも自己責任にする
  • 「人様が働いている昼間に昼寝なんてできないよ」
  • 責任感が強い。疲れていても、会社に行こうとする。「人不足だから自分が出社しなきゃいけないんだ」

几帳面で神経質な性格の人こそ鬱になりやすのでしょう。几帳面にやりすぎても疲れるだけです。適当にやることも大事です。

鬱の症状

ツレは鬱になったことで、以下の症状が表れています。

  • 寝癖を直すのを忘れる
  • 自分は世の中から不要な存在だと感じる
  • 体がダルい。食欲が無い
  • 今までできていたことができなくなる(弁当が作れなくなる)
  • 死にたいと言うようになる
  • 睡眠が浅くなる(いびきが増える)
  • 満員電車に乗れない。吐く。

鬱であることは恥ずかしいこと?

晴子が「ツレが鬱であることが恥ずかしいと思っていた」と告白する場面があります。

家族が鬱になった時に、他の人に対してオープンに言えるかな?と考えました。

おそらく「体調を崩してて...」と言ってしまうと思います。

鬱は風邪、インフルエンザ、盲腸とは別のものです。

うつ病は「精神的に病んでしまった人」という印象がどうしてもあります。

うつ病が一般的な病気と同じ扱いになればいいと思いました。

晴子のような奥さんと結婚したい

晴子はいい奥さんです。

鬱と診断されても会社へ行こうとするツレに対して、「会社辞めちゃえば?」「会社やめないと離婚する」と言います。

映画全体を通して、ツレを思いやる行動が見られます。

晴子のような夫思いの奥さんと出会いたいと思いました。

健やかなる時も病めるときも

晴子が家族同窓会で話すシーンがあります。

あなたはその健やかなるときも、病めるときも、豊かなときも、貧しき時も、この男性を愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け。

結婚式の誓約でよく聞く言葉です。

結婚する時は幸せな未来しか考えないものです。

「妻が鬱になったとしても支えられるか?重い病気になっても支えられるか?」

将来相手が病に倒れても、それでも一緒にいたいと思えるか。

そこまでよく考えて結婚したいと思いました。

鬱は治りかけが危険

映画の中で、うつ病で自殺した青年が印象に残りました。

青年が理髪店を訪れた時は明るく元気そうだったのに、その後自殺していました。

鬱は治りかけが一番危ないそうです。

人は見た目だけじゃ分からないものだと感じました。

※余談ですが、小学校の同期が自殺した話を3年ほど前に親から聞きました。同じバレーボール部でアタッカーをしていた男です。明るくて活発な奴で、卒業文集ではモテる人ランキングで確か1位を取っていました。大学卒業後に農業組合に就職していました。山で首をつって死んだと聞かされました。26歳の頃です。同じ農業組合に就職した同期が、「仕事がきつくて辛い」と言っていたことから、彼はうつ病だったのかなと考えています。仕事のストレスを甘く見ないように気をつけたいと思いました。

結婚っていいな

映画の主題とは離れますが、「結婚っていいな」と思いました。

私は独身29歳ですが、風邪を引いた時に頼れる相手がいません。

結婚していたら、映画のように妻が看病してくれるのかな?と思わず考えました。

うつ病の人に対して「頑張れ」は禁句

兄が家に来て、ツレを激励するシーンがあります。

「男ってのは一家の大黒柱。家族のためだと思えば頑張れる。お前も頑張れ」という発言をしてました。

兄は悪気がなかったのでしょうが、うつ病の人に対して「頑張れ」は禁句です。

「頑張らなくていいんだよ」という一言であれば、ツレが後で泣くことはなかったでしょう。

Amazonプライム会員なら無料で見れる

今回ご紹介した「ツレがうつになりまして」ですが、Amazonのプライム会員であれば無料で観ることができます。

↓無料体験期間で観ることもできるので、ぜひ試してみてください。

さらに、Fire TV StickもあればテレビでAmazonプライムビデオやYouTubeなどを観ることができるようになります。

寝っ転がりながら、テレビ画面で観たい人にはおすすめです。

まとめ

今回、映画「ツレがうつになりまして」を紹介しました。

うつ病の経験がない人が、うつ病の人の気持ちを理解することは難しいです。

「怠惰」「根性がない」「やる気がないだけ」そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

この映画はうつ病を考えるきっかけになるので、ぜひ観てみてください。

Twitterもやっているのでフォローお願いします。(@ryoblog2

-映画

Copyright© まさブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.