東大院→富士通営業→フリーランスエンジニア

まさブログ

仕事

新入社員が今すぐ積立投資(インデックス投資)を始めるべき理由3選

2019年1月1日

「社会人になって初めて給料をもらった!少しは貯金しようかな。でも今の時代、銀行に預けていても利子がほぼ0だもんなー。財形貯蓄も利子が低いし。。積立投資は少ないリスクでコツコツお金を増やせるって聞いたけど本当かな?」

本記事ではこんな疑問にお答えします。

こんにちは、まさです(@ryoblog2

新入社員のみなさん、毎月の給料をどのように使っていますか?

飲み会、ゲーム、デート、いろいろなところに使われているかと思います。

貯金や財形貯蓄を始めた方もいるかもしれません。

でも、ちょっと待ってください。

貯金や財形貯蓄の利子率を知っていますか?

ゆうちょ銀行の通常貯金の金利は0.001%です。(2018年12月時点)

10万円を1年預けても、利子として100円しかもらえません。

貯金しても全然お金は増えないのです。貯金してお金が減ることはないですが、増えることはありません。

そのため、投資を始めるべきです。

私は投資の中でも、特に積立投資(インデックス投資)を始めるべきだと強く考えています。

本記事ではその理由と「入社後、全然お金が貯まらなかった私の失敗体験」について書いています。

ぜひご覧いただければ幸いです。

積立投資って何?インデックス投資って?

積立投資(つみたてとうし)とは、「投資信託を毎月一定額購入する投資」のことです。

毎月指定した日に設定した金額が投資信託の購入に使われます。「投信積立」とも言います。

インデックス投資とは、「日経平均やTOPIX、ダウなど主要指標に連動した値動きを目指す投資」のことです。

新入社員が今すぐ積立投資(インデックス投資)を始めるべき理由3選

新入社員が今すぐ積立投資を始めるべき理由をまとめました。

毎月自動的に投資されるため、無駄使いが減る

積立投資の最大のメリットは、無駄使いが減ることです。

積立投資では毎月コツコツ一定の金額が投資されます。

浪費癖の人にとって最適な投資スタイルです。

特に社会人になりたての頃はお金の使い方がよく分かっていません。

若いので消費欲は活発です。欲しいものなんていくらでもあるでしょう。

自由に使えるお金が毎月入ってくると、どうしても全部使おうとしてしまいます。

自分の力で誘惑を断つことは難しいです。

積立投資であれば、機械的にシステムが毎月投資してくれます。

問答無用で給与の一部を勝手に投資してくれるのです。

無駄使いを減らすためにも、積立投資をしましょう。

完全に放置できる。忙しい社会人に最も適した投資スタイル

社会人は忙しいです。例えば、以下の通りです。

・平日は朝から晩まで働く

・残業したり、飲み会に参加しないといけない。

・休日は疲れてダラッとする。もしくは勉強する。

そんな中、株やFXで投資するにしようにも十分な時間がありません。

本業がおろそかになる可能性もあります。

株価が下がることでストレスを感じることもあります。

しかし、積立投資であれば本業にフルコミットできます。

一度積立投資を設定しておけば、後は自動的に毎月投資がされます。

忙しい社会人こそ積立投資をすべきです。

積立投資は時期を分散して投資できる。

積立投資は毎月一定額をコツコツ投資します。

指標(日経平均等)が上がろうが下がろうが、毎月指定した日に購入します。

こうして購入時期を分散させることでリスクが減ります。

例えば、ある投資信託を100万円で一度に買ったとします。

翌月その投資信託の金額が下がれば、大きく損をします。

しかし、積立投資であればどうでしょう。

月3万円の積立投資であれば、翌月投資信託の金額が下がっても、大して損はしません。

翌月、金額が低くなった投資信託を3万円で買えるのでお得です。

このように毎月少額で投資をすることで、指標の急な変動によるリスクを回避できるのです。

月100円から積立投資を気軽に試せる

楽天証券の積立投資であれば、毎月100円からでも試せます。

ジュース1本分の値段です。

投資そのものに慣れていない人は、まずは100円から積立投資を始めてみることができます。

投資って何か怖いイメージがある。損する人もいるみたいだし。。

こんな考えの人でも、100円であれば損しても問題ないはずです。

積立投資は100円から始められるので、投資に慣れていない人にもおすすめです。

財形貯蓄も貯まるでは?

財形貯蓄とは「毎月の給与から天引きして貯蓄すること」です。

積立投資は損する可能性もある。財形貯蓄でコツコツ貯めたほうがいいのでは?

こう考える人もいるかもしれません。

しかし、財形貯蓄の金利は0.01%です。銀行の預金と変わりません。

一方、インデックス投資の利回りはだいたい4〜6%です。(積立投資だとさらに複利効果が出ます)

損するリスクを負ってでも十分にやる価値のあるものです。

「会社が勧めたから」「給与天引きで確実に貯まるから」という理由だけで、財形貯蓄を選択するのはもったいないです。

証券会社の口座から出金するのには、精神的な抵抗がある

銀行やゆうちょの口座ならすぐにお金を引き出してしまいます。

カード1枚で引き下ろせるから手軽です。

しかし、証券会社の口座にお金を入れておくと、引き出すのに精神的な抵抗が出てきます。

出金の手続きをしても、即日銀行口座に振り込まれるわけではありません。

振り込まれるまで数日かかります。

浪費癖がある人にとって、なかなか引き出せないというのはメリットです。

【体験談】私は「ニッセイ外国株式インデックスファンド」と「楽天・全米株式インデックス・ファンド」を選んだ

積立投資をするにあたり、私は以下の2つを選択しました。

1.<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

先進国の株式に投資をするインデックスファンドです。

2.楽天・全米株式インデックス・ファンド

アメリカの株式に投資するインデックスファンドです。

どちらも「販売手数料がかからない(ノーロード)」「信託報酬が安い」ことがメリットです。

【後悔】私は入社4年目までお金を全然貯めれなかった

私は入社4年目まで全然お金を貯めれませんでした。

なぜかというと、女子とのデートにお金を使いすぎたためです。

美味しいご飯を奢る、映画のチケット代を出す、おしゃれな服を買う、ホテル代を出す、など浪費ばかりしていました。(特にホテル代は毎回5,000円以上かかったのでもったいなかった)

結果、貯金が全く貯まらないのです。

入社1〜2年目は手取り22万円ぐらいで、家賃9,000円の格安の寮に住んでいました。

普通なら貯金が貯まるものですが、一向に増えなかったです。

貯金口座にお金が残っていると全部使おうとしてしまうのです。

貯金残高はいつも20万円未満でした。

まだ貯金口座に余裕があるな。今日も奢れそう。

いつもこんな考えをしていました。見栄っ張りな性格でした。

性格はなかなか変えることができません。

ではどうするか。

そもそもお金が銀行になければいいのです。

積立投資を始めたことで、口座にお金が残らなくなりました。

女子に奢ろうとする気も自然となくなりました。

結果として、女子と割り勘できるようになったり、お金のかかるデートをしすぎないようになりました。

積立投資は浪費癖がある人にこそ、ぜひおすすめしたい投資です。

※2018年12月時点で1,000,977円貯まりました。

【おすすめ】積立投資(インデックス投資)するなら楽天証券がいい

私は積立投資(インデックス投資)をするために、楽天証券で口座を開設しました。

メリットは以下の2つです。

・楽天証券のアプリが使いやすい

・日経新聞が無料で読めるようになること

正直積立投資するだけなら、どの証券会社も同じかと思います。

証券会社で最もメジャーな楽天証券を選んでおけば、特に問題はありません。

※追って楽天証券の詳細を追記します。

まとめ

今回、新入社員が今すぐ積立投資(インデックス投資)を始めるべき理由を書かせていただきました。

本記事がぜひご参考になれば幸いです。

-仕事

Copyright© まさブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.